本文へスキップ

沖縄 中古ピアノ専門店

TEL:098−890−3514

〒901-2223 沖縄県宜野湾市大山2-1-11

ピアノのお話Piano Story

2.ピアノはなぜ音が出る?

鍵盤を押せばピアノは音が出る、というのはごく当たり前のことですが、ではなぜ鍵盤を押すと音が出るのでしょうか?アップライトピアノを例に考えてみましょう。

ピアノの鍵盤は内部のアクションとつながっていて、押すとその動きをアクションに伝えます。アクションが動き出すと、このときダンパーという、弦の振動を止めるフェルトが弦から離れ、ハンマーがピアノの弦をたたきます。これで弦が振動するのですが、これだけではピアノらしい音にはなりません。ピアノの心臓部といわれる響板(きょうばん)は、弦の振動から発生する音を増幅させるもので、駒という部分を伝わってその振動を木目にそって響板全体に伝えます。

鍵盤を放すと、アクション全体が元の位置に戻ります。同じくダンパーは弦を抑えて振動を止め、また音を止めます。

ピアノには白52、黒36のあわせて88の鍵盤がありますが、アクションは88鍵1つ1つのつくりが皆同じです。違うのはハンマーとダンパーの形や大きさです。弦の太さ、長さもそれぞれで、最も低い音域(おんいき)では1鍵につき1本、次に低い音域で2本、そして中央部から最高音までは各3本の弦が1つの音を構成し、その合計はピアノにもよりますが約230本になります。1本の弦は約90キログラムの力で引っ張られていて、合計すると約20トン。そのため、その力に耐える強力な材料が必要とされ、鋼のフレーム(鉄骨ともいいます)はピアノに欠かせないものとなっています。また、フレームに鋼を使われることから中国ではピアノを鋼琴と呼びます。

  1. ピアノの歴史
  2. ピアノはなぜ音が出る?
  3. ピアノに最適な環境を
  4. こんなに大切!調律のお話
  5. ピアノはなぜ88鍵?(ピアノの歴史その2)
  6. 良いピアノを選び方
  7. ピアノの種類−スピネット、コンソール、アップライト

CHECK!!読んで楽しいピアノの本特集


沖縄ピアノハウス

shop info.店舗情報

中古ピアノ専門☆ピアノハウス

〒901-2223
沖縄県宜野湾市大山2-1-11
TEL. 098-890-3514
FAX. 098-890-3514
MAIL. pianohouse@ilovepiano.jp

営業時間
 AM11:00 〜 PM8:00